競馬を予想するには情報を分析する能力や経験、知識、センスが必要です。

競馬で勝つ方法

 

競馬で勝つには大きく次の2つの方法があります。

 

  • 過去のデータから回収率100%になるロジックを完成させる
  • 天性の勝負勘

 

ほかの競馬情報サイトでは、業界関係者からの裏情報を参考にしている所もありますが、最終的には情報料金の設定や買い目の算出には運営の裁量もしくはデータ分析による根拠がないと勝てません。
競馬情報サイトに頼らなくても、独自に上位入賞する馬を見極めて買い目を出すノウハウを身に付ければ勝つことは可能です。
うまコラボは馬券師による予想はしていなく完全なデータ分析による手法を使っています。

 

競馬で勝つにはセンスも必要

 

だるまと必勝の絵馬

競馬予想は、情報を分析する能力や経験、知識が必要です。
初心者よりも、競馬歴の長いベテランの方が効率的な予想をできますが、勝つのは難しいです。
競馬歴20年以上でも毎年負け続けている人は多く、努力をすれば誰でも裁量予想で勝てるとは限りません。

 

逆にセンスのある人は競馬をはじめて数ヶ月で安定して勝てるようになりますが、そんな天才肌の人はごく一部です。
競馬新聞の予想陣ですら、年間を通してプラス予想を紹介している人はほとんどいません。
個人が競馬で安定して勝つためには、勝負勘に頼った裁量予想よりも、データ分析をして根拠のある予想に頼った方が近道です。

 

競馬のデータは信頼性が高い

 

データは過去の実績で、将来のレースは必ずしもデータ通りの結果になるとは限りません。
それでも、中央競馬は長い歴史と膨大なデータがあります。

 

ほとんどのケースで長期的に見ればデータによって算出された期待値に近いパフォーマンスになります。
独自にJRA公式データを使ってコンピューター予想のロジックを作れる競馬ソフトも登場していますが、素人が一から勝てるロジックを完成させるのは簡単なことではありません。

 

うまコラボは年間収支でプラスを続けている本当に勝てるロジックを完成させています。
有料会員でも月額1,980円であれば利用する価値は高いです。JRA公式サービスのTARGET(月額2,052円)よりも安い価格設定にしているのも魅力です。

 

うまコラボは素人の方が勝率が高い

 

データ予想では、場合によっては明らかに調子の悪そうな馬を馬券に絡めるケースが出てきます。
中級者以上だと、コラボ指数によって出された買い目を見て、ついつい裁量予想を取り入れて買い目を変更してしまいます。

 

経験や根拠に基づく内容であれば、独自に修正するのも効果的で、より高いパフォーマンスを出すこともできます。

 

しかし、素人の裁量予想を取り入れた結果、マイナス収支になったり根拠のない大勝負(間違った資金配分)をしてしまうことが多いです。
競馬初心者の方が素直に指数通りに馬券を買い続けられるので、結果的に勝つ人の割合は高くなります。