競馬はギャンブルとしての要素を持ちますが、勝敗予想を楽しめるので人気があります。

競馬というギャンブルの特性

 

競馬というギャンブルには以下の特性があります。

 

  • 距離やコース、馬場状態の適正がある
  • レース展開によって優劣が異なる
  • 馬の状態の管理が難しく、状態の影響が大きい
  • 騎手の手腕が重要

 

仮に同じメンバーで人間が競走をすれば、10回やって10回とも同じ人が勝つ可能性が高いでしょう。
しかし競馬は、同じ距離でもコースや馬場状態、レース展開によって勝ち馬が変わってきます。

 

前回は圧勝した馬でも、次のレースでは大敗することもよくありますし、その逆もあります。

 

勝敗予想が難しいからこそ、ギャンブルの要素が高く競艇や競輪など人が行う競走系ギャンブルより高い人気を誇っています。

 

 

勝ち馬には必ず勝因がある

 

中山競馬場

競馬に絶対という言葉はなく、レースが終わるまでは全ての馬に勝てるチャンスがあります。

ただし、カジノのルーレットやロト6などのような、単純な数字当てゲームではなく、勝ち馬には必ず勝因があります。

 

馬の実力が強かった勝因だけではなく、レース展開が味方をしたなど、結果を分析してフィードバックしたり、それをデータ化して次回の予想に役立てる事ができます。

 

競馬は絶対という言葉はなくても、傾向期待値が存在しています。
競馬指数とはデータによる傾向や期待値を明確に数値化したものになります。

 

 

人気上位馬は実力上位とは限らない

 

競馬はブックメーカーなど専門家がオッズを選定するのではなく、実際に馬券の売れた内容によってオッズが決まります。

 

つまり、人気が高い馬が必ず実力上位とは限りません。
また、実力が頭一つ抜けている1強状態であっても、そのオッズが実力に見合っているとは限りません。

 

過去には単勝1.1倍におされた馬が大敗を喫した事例も多数あります。
競馬初心者の方は、オッズによって予想を変えてしまう事もあります。

 

オッズを全く無視して馬券を買う事は間違ってますが、コラボ指数など競馬指数を活用すれば、オッズに惑わされる事なく馬の実力や期待値を客観的に見る事ができます。

 

競馬をやっていると、こんなに期待できる馬なのに、なんでこんなオッズが高いの?といった現象もよく見かけます。