競馬以外に一時所得や雑所得があれば合算されるので注意が必要です。

競馬の税金

 

競馬は非課税と勘違いされる方もいますが、利益は一時所得雑所得に分類されて課税対象になります。
得た利益は収入にみなされて住民税、所得税として課税され、税率は給与など他の所得を含めた年収によって変わります。
これは競馬に限ったことではなく、競艇や競輪、パチンコ、スロットなど他のギャンブルと共通です。
競馬については、裁判でハズレ馬券を経費で認められるようになるなど、近年は業界が大きく動きました。

 

しかし実際にみんな申告しているかというとそうでもありません。

 

世間にはパチプロも多数いますが、利益計上して税金を納めている人はほぼ皆無でしょう。

 

ただし、競馬の場合はネット投票をすると履歴が残って税務署に追いかけられる事例もあります。
税務署も暇ではないのでちょっとした利益は未申告でも問題ありませんが、利益や受け取った払戻金の額が大きい場合は注意が必要です。
現金による購入、機械や窓口による払い戻しであればルール上は確定申告が必要ですが、未申告でも問題になるリスクはほとんどありません。

 

年間20万円以内の利益は非課税

 

電卓とお金

一持所得と雑所得はそれぞれ年間20万円の控除枠があるため、それ以下の年間利益なら確定申告は不要です。
細かいことをいうと事業でなければハズレ馬券は経費で認められないルールもありますが、僅かな利益であれば確定申告はしないで問題ありません。

 

ただし、競馬以外に一時所得や雑所得のある場合は合算されるので注意してください。
利益が大きくなると税務署から目を付けられるリスクが高まります。

 

うまコラボは回収率自体はそれほど高くなく、多くのレースで勝負をこなしていって最終的には期待値に近い収益に結びつけるものです。

 

ネット投票を活用して複利効果で資産を増やそうとしている場合は注意しましょう。
まずはネット投票ではじめて、安定した利益が出るのを確認できたり、ロットを上げるタイミングで競馬場や場外馬券売り場による現金購入に切り替える方法もオススメです。

 

定期的に馬券を買っていれば雑所得として扱われる

 

一時所得と雑所得の違いは一時的かどうかです。
G1だけ買うなど趣味の要素が高い場合は一時所得として捉えられハズレ馬券は経費としてみとめられません。
コラボ指数を参考に開催日は全レース購入するなど定期的に馬券を買っている履歴があれば雑所得としてハズレ馬券も経費として認められます。
きちんと税申告して納税したい場合は、雑所得として認められるような履歴を残しておきましょう。